進学に関するコンテンツ

面接

面接の質問でひるまない!志望校へ合格するために実践すべきこと

面接では面接官にどう思われるかが重要になってきます。コチラでは面接を失敗しないための流れやコツについてご紹介しています。興味があるならチェックしておきましょう。

READ MORE

人気の通信制高校

現代では教育ブームなこともあり、福岡では進学校や専門学校へ進路を進める方も多くいらっしゃいます。しかし、中には学費や時間の都合で高校への進学を諦める方もいるはずです。そんな方は「通信制高校」を選択肢として考えてみてはいかがでしょうか。通信制高校には様々なメリットがあり、多くの方々から選ばれています。

通信制高校が選ばれている理由

no.1

好きな時間や場所で学べる

通信制高校に通う最大のメリットとしては、全日制や定時制と比べて、自分自身の時間が多くとれるということでしょう。一応、通信制高校でも月2~10日ほど学校に通う必要がありますが、それ以外は時間を自由に割くことが可能です。そのため、自分のペースに合わせて勉強することができ、勉強に対するストレスも少ないです。

no.2

通常の学校より学費が安い

通常の進学校や専門学校に比べて、通信制高校は学費が安く、公立の通信制高校では3年通っても10万円ほどで卒業することができます。私立の通信制高校の場合には、30万円~50万円と学費が高くなるのですが、その分カウンセリングが充実しているところも多いです。どちらにせよ、通常の学校より学費が安いということは大きなメリットでしょう。

no.3

様々な人に対応する環境がある

通信制高校には、様々な年代の方や事情を抱えた方が入学する傾向にあります。そのため、生徒のことを考えたサービスや仕組みが整っている学校も通常の学校よりも多いです。また、学校によっては資格取得をサポートしていたり、体験学習を実施していたり、生徒の将来を考えた授業を展開しています。

[PR]入試面接でよく聞かれる質問を厳選特集♪
受験対策をはじめよう

[PR]小論文のテーマを大公開♪
受験対策に役立てよう☆

[PR]小論文の添削サービスを提供中
受験対策にピッタリ☆

小論文の理想的な形!添削スキルを身に付ける方法とは

授業

小論文で合格が決める

最近では学力だけでなく、人間性を見る学校も多くなってきており、小論文を実施する進学校や専門学校も以前に比べて増えています。そのため、入試に合格するためには小論文の書き方を学ぶ必要があると言えます。小論文では、学校側が指定したテーマやジャンルに沿った論文を時間内に仕上げなければなりません。だからこそ、受験生は文章を考える力と添削のスキルをマスターしておくこと必要なのです。最近では、添削の仕方や小論文の書き方などは塾や通信講座でも学べます。志望校に合格したいなら、一度受講してみるといいでしょう。

試験では面接も大事!

学力試験でいい成績を出したとしても、面接官から不満や不安を抱かれたら、試験に不合格になる可能性もあります。そのため、一般試験、AO入試、推薦入試にかかわらず、面接は重視するべきでしょう。面接では受験生の人間性をはじめ、様々な観点から人物像を観察されます。また、面接はその人物の将来性などを計るという意味もあります。そのため、試験で面接を受けるときにはマナーに気を付けて、面接官に将来有望だと思える対応を心掛けましょう。聞かれた質問に対して適切な受け答えするということが大切です。面接での質問で詰まらないためにも、事前に聞かれそうな質問への回答を考えておきましょう。

広告募集中